テクノ環境機器ブログ
2017 / 12   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , trackback
Pageview

Online Status

Profile
http://techno-k.com

Menu

RSS & Atom Feed
テクノ環境機器ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新着情報
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新製品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
広告
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack

«« 「ユニットノズル」使用マニュアル | main | 使用済み超硬の買取 »»
«« カテゴリ内前記事(「ユニットノズル」使用マニュアル) | その他 | カテゴリ内次記事(使用済み超硬の買取) »»
2013/03/13
「ユニットノズル」取扱上の注意

@交換ノズルは、セラミコート製とセラミック製を使い分けてください。
セラミコート製のノズルは中〜薄物部品の断続(点付け、量産)加工用です。高電流値での連続溶接や混合ガスの使用などによって、ノズルが溶解温度に達することがあります。セラミコート製は250A以下の低電流値にてお使いください。
  セラミコートは、アルミ素材を被うセラミック被膜にシリコンオイルを含浸させたものです。シリコンオイルは、単にスパッターの付着を防止するだけでなく、セラミック被膜の封孔剤として被膜の絶縁性を高めます。 絶縁性が守られることによって、アーク放電の戻りイオンによる昇温がないため、ノズルは熱くなりません。そして、熱くならないノズルにはスパッターはくっつきません。

Aエアによるノズル清掃の自動化を行なってください。

Bセラミコート被膜は、付着防止剤の助けがなければ正常に機能しません。そこで、(エア3点セットの)オイラーに付着防止剤を入れて、電磁弁で定期的にエアブローをしてください。この時、エア圧は高い方が効果的なのでエアレギュレーターは不要です。

Cオイラーによるエアへの付着防止剤の混入量は、ごく微量です。エア吹き出し口の2〜3p先に紙をかざして5〜10秒間エアをあて、わずかに油が紙ににじむ程度が適量です。多過ぎると場合によっては後工程(塗装など)に影響を与えることがありますのでご注意ください。
「ユニットノズル」取扱上の注意
Dスパッター付着防止剤(商品番号69、79)
これは、セラミコートノズルの被膜に含浸させているシリコンオイルを容器に小分けしたもので、セラミコート(多孔質セラミック被膜)によく沁みこみ、スパッターの付着を防止するとともに、ノズルの絶縁性を高めます。

posted at 2013/03/13 19:38:37
lastupdate at 2013/03/14 23:36:44
修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks