テクノ環境機器ブログ
2013 / 07   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , trackback
Pageview

Online Status

Profile
http://techno-k.com

Menu

RSS & Atom Feed
テクノ環境機器ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新着情報
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新製品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
広告
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2008/12/12 :: 高圧実験用小型加圧装置 新発売
!!$img3!! 基礎科学分野の実験装置に関わる企業が広島にあります。三菱重工のグループ会社・潟潟ーセンエンジニアズ(広島市西区)は、愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター(愛媛県松山市)の西山宣正助教(地球深部物質構造動態解析部門)からの課題に応えて、高圧実験用の油圧式小型一軸プレス装置「RPプレス」RP-50を開発しました。

 50トンの荷重を発生することができるRP-50の高圧プレス部分は円筒状をしており、その直径は90ミリメートル、高さは180ミリメートル、重さは約8キログラムと、きわめて小型かつ軽量です。被加圧体を置くことができる空間は、直径50ミリメートル、高さ75ミリメートルが確保されており、そこに様々なタイプの高圧発生アンビルアセンブリー(ブリッジマン型、ドリッカマー型、トロイダル型、DIA型など)を設置することが可能です。また、高圧プレスのフレーム部分には、直径30ミリメートルの円形の穴が4か所あり、これらの穴と、アンビルの隙間を通して、高圧下に置かれた試料に、X線や中性子線を照射し、高圧下における回折実験を行うことができます。!!$img1!!

 「RPプレス」はフレームとラムシリンダーを一体化し、ストップ弁や圧力表示器をコンパクトに装着することによって、加圧状態のまま油圧装置から高圧プレスを切り離して手運びすることを可能にしました。このことは、高圧下におけるX線および中性子線回折実験を、放射光実験施設および中性子実験施設で行う際には、大きなメリットになる可能性があります。従来は、このような実験施設で油圧式高圧発生装置を使用して実験を行う場合、専用実験ハッチに油圧式プレスを常設し、そこで実験を行っていました。今回開発したRPプレスは小型軽量で、かつ高圧プレスだけを油圧装置からは切り離して使用できるので、高圧プレス専用ハッチ以外においても、実験ができると期待されています。これにより、これまで高圧下で行うことが困難であった測定にも、“圧力”というパラメータを導入する可能性が開かれると思われます。 
  
 さらに、1台の油圧装置に対し複数台の油圧プレスを使用することにより、油圧装置と高圧プレスを、その加圧状態を保持したまま切り離すことができるという特徴を最大限に生かすことができます。つまり、複数の高圧プレスを加圧状態で実験待機させることが可能になり、かつ、1台の高圧プレスで測定を行っている最中に、他の高圧プレスを油圧装置に連結し、圧力条件を変化させ、次の測定に備えることができます。このような使用方法は、実験装置の使用時間が限られる放射光実験施設や中性子実験施設で有効であると考えられます。高圧プレスが実験ハッチに固定されている場合、あるいは高圧プレスが1台しかない場合は、圧力条件を変化させている間は測定を行うことができませんが、RPプレスを複数台使用すれば、ビームタイムを有効に利用し、かつ複数の実験テーマを平行して進めることも可能になります。

 リョーセンエンジニアズは、同じ広島市西区にあるテクノ環境機器鰍通じて物質科学実験分野に拡販していくとし、テクノ環境機器は来年1月に愛媛大学に1号機を納入し、7月12日から東京で行われる「高圧力科学と技術に関する国際会議」(主催:国際高圧力科学技術連合&日本高圧力学会)では世界の研究者に向けてこのプレスを紹介する予定です。!!$img2!!
 RP-50は加圧フレームと油圧装置からなり、油圧装置は手押し台車の上に手動ポンプと増圧器、流量調整器などを組み込み配管されています。加圧時及び降圧時には、フレームと油圧装置はワンタッチで着脱することができる高圧ホースで接続されます。フレームとホース、油圧装置を含むRPプレス装置RP-50一式の定価は4百万円です。

all photo

Recent Diary

Recent TrackBack

«« | main | »»
«« カテゴリ内前記事() | 新製品 | カテゴリ内次記事() »»
2013/03/19
鋳物砂クーラー 新機構の熱交換機
新機構の熱交換機――省スペース、省エネ、長寿命
鋳物砂クーラー 新機構の熱交換機● 耐蝕・耐摩耗性の冷却パイプを採用し、また熱交換効率が高いので熱交換器本体がコンパクトで長寿命です。

● パイプはフランジを介してボールト止めされています。取り外して容易に細部の点検を行うことができます。

● フランジによってパイプの固定と同時にシールを行います。

鋳物砂クーラー パイプ取替え式サンドクーラー
鋳物砂クーラー 新機構の熱交換機● 冷却パイプは2本ずつ、長方形の冷却フランジとともにクーラー本体にボールト止めされています。

● パイプは千鳥配列されています。U字管に比べて密に配列することができます。

鋳物砂クーラー 新機構の熱交換機● パイプの点検や更新作業がラクにできます。

● 水冷用のパイプや空冷用のノズル穴付きパイプなどに取り換えることができます。(特許出願中)

 従来の水冷式クーラーの冷却パイプは、溶接によって固定されているので細部の点検が困難なため、水垢や錆などによる突然の水漏れのリスクがありました。
 そして、いちど水漏れが発生すると各部に錆びが広がっていることが疑われ、水冷パイプ取換えの難工事を避けて、水冷設備の更新や巨大な風冷設備に入れ替えるケースも生じています。

  一方、新機構『鋳物砂クーラー』は、フランジを介してパイプをねじ接合しているので、冷却水パイプだけでなく、ノズル穴付きパイプを適宜配置して圧縮空気を噴射することができます。これにより、鋳物砂の流動が促されるとともに、砂粒の隙間を流れるエアによって放熱しダクト排気されます。
 流動しない空気に包まれた「砂」はコンクリートブロックのような断熱構造で、また冷却水パイプの外面と砂粒とが点当り接触している面積の合計が小さいので、冷却対象としては厄介な代物です。新機構『鋳物砂クーラー』は、流動する空気によって熱交換効率を高めています。これによって本体がコンパクトで、また冷却パイプの点検を含む定期管理により長寿命化を図ることができます。
 
 鋳物サンドクーラーのメーカー様やユーザー様からのお問合せをお待ちいたしております。
posted at 2013/03/19 11:52:35
lastupdate at 2013/07/04 9:34:33
修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks