Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1675

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1676

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1677

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1678

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1679

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1680

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1689

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1690

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1691

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1692

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1693

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1694

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1675

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1676

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1677

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1678

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1679

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1680

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1675

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1676

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1677

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1678

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1679

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1680

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1675

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1676

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1677

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1678

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1679

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1680

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1689

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1690

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1691

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1692

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1693

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1694

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1675

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1676

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1677

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1678

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1679

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1680

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1689

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1690

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1691

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1692

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1693

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1694
テクノ環境機器ブログ
テクノ環境機器ブログ
2018 / 04   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , trackback
訪問者
total : 515677
昨日 : 116 / 本日 : 015

Profile
http://techno-k.com

メニュー

RSS & Atom Feed
テクノ環境機器ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新着情報
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新製品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
広告
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/03/13 :: 「ユニットノズル」取扱上の注意

@交換ノズルは、セラミコート製とセラミック製を使い分けてください。
セラミコート製のノズルは中〜薄物部品の断続(点付け、量産)加工用です。高電流値での連続溶接や混合ガスの使用などによって、ノズルが溶解温度に達することがあります。セラミコート製は250A以下の低電流値にてお使いください。
  セラミコートは、アルミ素材を被うセラミック被膜にシリコンオイルを含浸させたものです。シリコンオイルは、単にスパッターの付着を防止するだけでなく、セラミック被膜の封孔剤として被膜の絶縁性を高めます。 絶縁性が守られることによって、アーク放電の戻りイオンによる昇温がないため、ノズルは熱くなりません。そして、熱くならないノズルにはスパッターはくっつきません。

Aエアによるノズル清掃の自動化を行なってください。

Bセラミコート被膜は、付着防止剤の助けがなければ正常に機能しません。そこで、(エア3点セットの)オイラーに付着防止剤を入れて、電磁弁で定期的にエアブローをしてください。この時、エア圧は高い方が効果的なのでエアレギュレーターは不要です。

Cオイラーによるエアへの付着防止剤の混入量は、ごく微量です。エア吹き出し口の2〜3p先に紙をかざして5〜10秒間エアをあて、わずかに油が紙ににじむ程度が適量です。多過ぎると場合によっては後工程(塗装など)に影響を与えることがありますのでご注意ください。
!!$img1!!
Dスパッター付着防止剤(商品番号69、79)
これは、セラミコートノズルの被膜に含浸させているシリコンオイルを容器に小分けしたもので、セラミコート(多孔質セラミック被膜)によく沁みこみ、スパッターの付着を防止するとともに、ノズルの絶縁性を高めます。


all photo

最近の記事

最新のトラックバック

2013/05/30
軽合金の恒温鍛造整形用の小型高速プレス機

広島県立総合技術研究所
 西部工業技術センター
 金属系材料試験室
修正
|| trackback (0)
 
2013/05/22
修正
|| trackback (0)
 
修正
|| trackback (0)
 
修正
|| trackback (0)
 
2013/03/13
高圧ハンドポンプの貸し出し機について、お問合わせください。
 KP−5−BW (500MPa)

 
修正
|| trackback (0)
 
 弊社は、古物商許可(広島県公安委員会第731021100010号)を得て使用済み超硬の買い取りを行っております。(超硬スクラップ)

 超硬材料は、主にタングステンとコバルトから出来ており、使用済みといえどもレアメタルを国内で再生処理されることに協力しています。

 超硬とともに排出される、銅やステンレスなどの金属も買い取りいたします。
修正
|| trackback (0)
 

@交換ノズルは、セラミコート製とセラミック製を使い分けてください。
セラミコート製のノズルは中〜薄物部品の断続(点付け、量産)加工用です。高電流値での連続溶接や混合ガスの使用などによって、ノズルが溶解温度に達することがあります。セラミコート製は250A以下の低電流値にてお使いください。
  セラミコートは、アルミ素材を被うセラミック被膜にシリコンオイルを含浸させたものです。シリコンオイルは、単にスパッターの付着を防止するだけでなく、セラミック被膜の封孔剤として被膜の絶縁性を高めます。 絶縁性が守られることによって、アーク放電の戻りイオンによる昇温がないため、ノズルは熱くなりません。そして、熱くならないノズルにはスパッターはくっつきません。

Aエアによるノズル清掃の自動化を行なってください。

Bセラミコート被膜は、付着防止剤の助けがなければ正常に機能しません。そこで、(エア3点セットの)オイラーに付着防止剤を入れて、電磁弁で定期的にエアブローをしてください。この時、エア圧は高い方が効果的なのでエアレギュレーターは不要です。

Cオイラーによるエアへの付着防止剤の混入量は、ごく微量です。エア吹き出し口の2〜3p先に紙をかざして5〜10秒間エアをあて、わずかに油が紙ににじむ程度が適量です。多過ぎると場合によっては後工程(塗装など)に影響を与えることがありますのでご注意ください。
「ユニットノズル」取扱上の注意
Dスパッター付着防止剤(商品番号69、79)
これは、セラミコートノズルの被膜に含浸させているシリコンオイルを容器に小分けしたもので、セラミコート(多孔質セラミック被膜)によく沁みこみ、スパッターの付着を防止するとともに、ノズルの絶縁性を高めます。

修正
|| trackback (0)
 
@まず、トーチからノズルと絶縁筒を取り外してください。トーチネジが次のものであればユニットノズルの取り付けができます。
「ユニットノズル」使用マニュアル 取りつけねじ トーチ・タイプ
 ウイット W1/2 x 12山 ナショナル(N)
 メートル M12 x 1.75 ダイヘン(D)

Aトーチのネジ部にシールテープを巻いてください。これは、絶縁のためとねじ込みを底当てしないために必要です。
B次に、ユニットノズルのアダプタをねじ込んでください。この時、ねじ込みを底当てするとアダプタ外周部の配管ポート位置が決められないのでご注意ください。
「ユニットノズル」使用マニュアル C交換ノズルとナット(N24)を取り付けてください。ユニットノズルは、絶縁筒に市販ノズルを装着したものと同じ長さです。また、セラミコートノズル従来形は、市販ノズルと同じ形状をしており、内径x長さで型番表示をしています。
「ユニットノズル」使用マニュアル Dオリフィスを使用する場合には、専用オリフィス(商品番号55)をご指定ください。
修正
|| trackback (0)
 
2009/07/28
 環境関連機器の開発・販売を手掛けるテクノ環境機器は、コーティング剤「ステンレスコート」の販売分野で、プラント塗装業者との連携を強化する方針だ。販売と併せ、塗装業者と連携して施工を受注し、コーティング剤の普及を拡大させる。民間の設備投資が減速するなか、既存の遊休設備や建物、倉庫などのリフォーム需要を狙う。 【溶接ニュース】

 ステンレスコートは、鋼材などの見た目や働きをステンレスに変えるステンレス箔入りの工業用塗料で、一般塗料と同様、刷毛やローラー、吹き付け装置などを使って、簡単にステンレススティール316-Lの連続皮膜を形成することができる。厚さ0・3ミクロンに研磨されたステンレス薄片の連続積層被膜が形成され、水や空気を完全に遮断することで表面を保護する仕組みだ。同製品の塗装によって、ステンレスの特徴を付加し、錆や酸化、化学変化、浸食、腐食、傷、摩耗、汚れなどから長期間保護する。

 ステンレス箔が不揮発性のため伸びが良く、少ない回数の塗装で済み、一般の塗料と比べ処理面積が約4倍になるという。そして、ステンレス溶接後の酸洗いやブラストをステンレス塗装に変えることで廃液処理作業などの工程を省略できるほか、素材のステンレスを鉄鋼材料に変えてステンレス塗装を施すなど、様々な方法でのコスト削減効果が期待できる。
 
 同製品は約20年前から展開されており、製鉄所をはじめ、大手企業や官公庁を含め、数多くの工事で採用されている。用途として鉄鋼構造物の本格的な耐蝕塗装、食品機械などのマシンフレームのステンレスから鉄への切り替え、ステンレス構造物へのステンレス塗装仕上げ、街路備品などの下塗りやメタリック仕上げなどがある。
 最近ではステンレス溶接焼け部分の遮蔽塗装、溶接や機械加工によるステンレス不動態皮膜欠損部の防錆、ステンレス槽内面の防錆強化などーを実施する動きも出てきているという。

 同社では塗料の付加価値を活かした事業拡大を模索しており、販売だけでなく、昨年から施行工事の提案活動を始めた。塗料は店舗での店頭販売は行っておらず、インターネットを中心に受注しているが、施工も併せて受け付ける。塗装工事業者と組み、施工は業者に委託する方針で、広島を中心に展開を始めた。
 今後、企業の設備投資が手控えられるなか、遊休設備や古い倉庫・工場などのリフォーム需要を取り込みたい考えだ。

 テクノ環境機器は高圧機器や大学向け実験用具などの開発・販売を主力として手掛けるほか、CO2溶接ロボット用「ユニットノズル」や「ステンレスコート」などの商品を扱っている。
修正
|| trackback (0)
 
2009/07/03
鉄鋼構造物の仕上は、ステンレス塗装
画像をクリックして拡大

修正
|| trackback (0)
 
2009/05/26
修正
|| trackback (0)
 
2009/05/25
 近頃、邸宅の外装をメタリック仕上げすることが流行っているようです。
 ステンレスコートの供給者の立場からは、見た目もさることながら、どうしてもステンレス箔入り塗装の機能の方をアピールするため、食品工業や臨海設備、煙道、ストリートファーニチュアなどに目が向いています。逆に、使用者の立場からは、やはりメタリック塗装なのでしょう。
 そう言えば、数年前にステンレスコートを注文してきた塗装工事会社の方が、
「これは、西城秀樹邸の外壁塗装に使います。」
と言っていました。
 この写真は西城邸ではありませんが、西城邸も外壁はこんな感じなのでしょうか?西城邸の工事の材料は確か川崎市の現場に直送したはずです。お近くの方はそちらへどうぞ。
 それにしても、私の身内の者と中高時代にかかわりがあった西城さんが、ご本人も知らないうちにステンレスコートのユーザー様とは、実に奇遇です。
修正
|| trackback (0)
 
2009/05/24
 近頃、邸宅の外装をメタリック仕上げすることが流行っているようです。
 ステンレスコートの供給者の立場からは、見た目もさることながら、どうしてもステンレス箔入り塗装の機能の方をアピールするため、食品工業や臨海設備、煙道、ストリートファーニチュアなどに目が向いています。逆に、使用者の立場からは、やはりメタリック塗装なのでしょう。
 そう言えば、数年前にステンレスコートを注文してきた塗装工事会社の方が、
「これは、西城秀樹邸の外壁塗装に使います。」
と言っていました。
 この写真は西城邸ではありませんが、西城邸も外壁はこんな感じなのでしょうか?西城邸の工事の材料は確か川崎市の現場に直送したはずです。お近くの方はそちらへどうぞ。
 それにしても、私の身内の者と中高時代にかかわりがあった西城さんが、ご本人も知らないうちにステンレスコートのユーザー様とは、実に奇遇です。
修正
|| trackback (0)
 
2009/03/02
塗料販売会社殿









修正
|| trackback (0)
 
2008/02/13
 ステンレス塗料や、地場の自動車関連企業と共同開発した溶接ロボット用ノズルなどをインターネット販売。また、超高圧実験用具や機器・装置などを国内外の大学、研究所に製造販売。
 昔は山崎兄弟商会という名の機械工具商で、鉄工所で使うものは何でも販売していましたから、今でも学術研究に必要な機器や工具なら何でも調達して販売しますし、製作もします。また、超硬部品、ダイヤ部品、耐熱鋼、精密部品など難しい加工や部品製作、ステンレス塗装工事、地場メーカーの開発製品の販売支援なども行っています。
修正
|| trackback (0)
 
2008/01/14

 ステンレス塗料や、地場の自動車関連企業と共同開発した溶接ロボット用ノズルなどをインターネット販売。また、超高圧実験用具や機器・装置などを国内外の大学、研究所に製造販売。
 昔は山兄弟商会という名の機械工具商で、鉄工所で使うものは何でも販売していましたから、今でも学術研究に必要な機器や工具なら何でも調達して販売しますし、製作もします。また、超硬部品、ダイヤ部品、耐熱鋼、精密部品など難しい加工や部品製作、ステンレス塗装工事、地場メーカーの開発製品の販売支援なども行っています。
修正
|| trackback (0)
 
2008/01/12

 ステンレス塗料や、地場の自動車関連企業と共同開発した溶接ロボット用ノズルなどをインターネット販売。また、超高圧実験用具や機器・装置などを国内外の大学、研究所に製造販売。
 昔は山兄弟商会という名の機械工具商で、鉄工所で使うものは何でも販売していましたから、今でも学術研究に必要な機器や工具なら何でも調達して販売しますし、製作もします。また、超硬部品、ダイヤ部品、耐熱鋼、精密部品など難しい加工や部品製作、ステンレス塗装工事、地場メーカーの開発製品の販売支援なども行っています。
修正
|| trackback (0)
 
2003/03/24
明治期〜昭和16年 廻船業(現・安芸区船越町)。物資統制令により休業。
昭和16年 広島市内(現・中区西十日市町)にて工具店を開業。
昭和20年 被爆直前に休業。再開。(機械工具商)
昭和35年 戦後の広島市で初の工作機械展を開催。
昭和58年 製品開発と工具卸の関連会社(株)テクノ(現・テクノ環境機器)開業。
平成15年 企業合併に伴い抹消。
修正
|| trackback (0)
 
2000/01/13
修正
|| trackback (0)
 
2000/01/12
修正
|| trackback (0)