Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1675

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1676

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1677

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1678

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1679

Warning: gmdate() expects parameter 2 to be long, string given in /home/technok/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 1680
テクノ環境機器ブログ
テクノ環境機器ブログ
2009 / 05   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
26
T
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , trackback
訪問者
total : 519947
昨日 : 072 / 本日 : 052

Profile
http://techno-k.com

メニュー

RSS & Atom Feed
テクノ環境機器ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新着情報
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新製品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
広告
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

最近の記事

最新のトラックバック

2009/05/26
鉄をステンレスに変える 【溶接ニュース】 鉄(普通鋼)をステンレスに変える。環境関連機器を取り扱うテクノ環境機器では、こんなユニークな製品を販売している。
 見た目もはたらきもステンレスに仕上がる「ステンレスコート」=写真=は優れた防錆力と長寿命を特長とするステンレス箔入りの工業用塗料で、ペイント感覚でどんな材料に対しても手軽にステンレス箔の皮膜を形成することができる。厚さ0・3ミクロンの研磨されたステンレス薄片1枚1枚の積み重ねによって、魚の鱗のような連続した積層皮膜となり、水や空気との接触を完全に遮る仕組みだ。
 ステンレスコートは一般の塗料と同様に刷毛やローラー、吹き付け装置などを使って、簡単にSUS316Lの連続皮膜を形成し、完璧な保護性能を発揮する。
 ステンレス部材の仕上げや補修工程を酸洗やブラストから塗装に変えることで工程を省略できるほか、素材を鉄に変えてステンレス塗装を施すなど、コスト低減のための用途が広い。  
 さらに、ステンレス溶接焼け部分の遮蔽塗装、溶接や機械加工によるステンレス不動態皮膜欠損部の防錆、ステンレス槽内面の防錆強化など面白い用途もある。また、看板用のアルミ鋳造品の外観をステンレスに見せる耐蝕仕上げや、アルミポールを塗装によりメタリックブラウンにすることができる。
 ステンレスコートは用途に応じて次の6種類がある。
@一般外装用PUタイプ、
A塗りっぱなしは梨地、磨けば鏡面やヘアラインもできる装飾用SBタイプ、
Bボイラーや煙道などに耐熱650℃のSILタイプ、
Cタンク内面には海水や酸に強いVIタイプ、
D食品・化学設備には、酸・アルカリ・塩・水に強い重防蝕EPタイプ、
E食品容器や飲料水槽の内面にはEPFタイプ。
 既に自治体や多くの製造工場で同製品が採用されており、街路備品などの下塗りやメタリック仕上げ、食品機械などのマシンフレームをステンレスから鉄に切り替えて、あるいはステンレス構造物へのステンレス塗装仕上げを実施するといった動きも出てきているという。
 問い合わせは、電話082-296-8160まで。
修正
|| trackback (0)
 

・ステンレスの溶接焼けは、修正液のようにステンレスコートを塗って仕上げましょう。
・ステンレスコートは、見た目もはたらきもステンレスの塗料です。
・酸洗やブラストから 手軽な塗装に設計&工程変更。
・SUS構造材を鋼材に変更。ステンレス塗装して、大幅コストダウン。
溶接焼けは、ステンレスを塗って補修 !? 画像クリック拡大
 広告【溶接ニュース】2009/05/26
修正
|| trackback (0)
 
2009/05/25
 近頃、邸宅の外装をメタリック仕上げすることが流行っているようです。
 ステンレスコートの供給者の立場からは、見た目もさることながら、どうしてもステンレス箔入り塗装の機能の方をアピールするため、食品工業や臨海設備、煙道、ストリートファーニチュアなどに目が向いています。逆に、使用者の立場からは、やはりメタリック塗装なのでしょう。
 そう言えば、数年前にステンレスコートを注文してきた塗装工事会社の方が、
「これは、西城秀樹邸の外壁塗装に使います。」
と言っていました。
 この写真は西城邸ではありませんが、西城邸も外壁はこんな感じなのでしょうか?西城邸の工事の材料は確か川崎市の現場に直送したはずです。お近くの方はそちらへどうぞ。
 それにしても、私の身内の者と中高時代にかかわりがあった西城さんが、ご本人も知らないうちにステンレスコートのユーザー様とは、実に奇遇です。
修正
|| trackback (0)