テクノ環境機器ブログ
2010 / 09   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , trackback
訪問者
total : 519947
昨日 : 072 / 本日 : 052

Profile
http://techno-k.com

メニュー

RSS & Atom Feed
テクノ環境機器ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新着情報
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新製品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
広告
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2010/09/13 :: スパッタの溶着を防止! 『ユニットノズル』
CO2溶接ロボット用先端ノズル 【溶接新報】 溶接トーチ特集
!!$img1!!
 テクノ環境機器鰍ヘ、セラミコート製またはセラミック製の先端ノズルを装着したCO2溶接ロボット用『ユニットノズル』を販売し、自動車関連の薄板溶接で20年以上の実績を誇る。溶接専門でないため大々的なPR活動は行っていないが、商品の高い信頼性に支えられ、大手自動車メーカーにおいて長年に亘って採用され続けている。

 セラミコート製の交換ノズルは、熱伝導性の良いアルミ合金で出来ており、熱放散が良く、ノズルを比較的低温に保つ事が出来る。また皮膜が持つ電気絶縁性により、溶接の戻りイオンを絶縁し、温度上昇を阻止してスパッタの溶着を防ぐ効果を発揮する。そのため、ノズルの中から、極微量のスパッタ付着防止剤を含むエアで自動的にノズルクリーニングを行う事が可能。
 スパッタが付着しないため、薄物部品の断続溶接で長期の使用にも耐えうる。また、連続溶接や250A以上の高電流域での溶接にはセラミック製がお薦めだ。

 この他、中厚板溶接向けに、500A溶接に対応したカーボン製ノズルもラインアップしており、スパッタが付着しにくいノズルとして建機や鉄骨関連業界向けに適用・普及が着実に進んでいる。

【写真説明】上はユニットノズル、下はねじ込み形のセラミコートノズルにインシュレータ(絶縁筒)を装着。

all photo

最近の記事

最新のトラックバック

2010/09/13
CO2溶接ロボット用先端ノズル 【溶接新報】 溶接トーチ特集
スパッタの溶着を防止! 『ユニットノズル』
 テクノ環境機器鰍ヘ、セラミコート製またはセラミック製の先端ノズルを装着したCO2溶接ロボット用『ユニットノズル』を販売し、自動車関連の薄板溶接で20年以上の実績を誇る。溶接専門でないため大々的なPR活動は行っていないが、商品の高い信頼性に支えられ、大手自動車メーカーにおいて長年に亘って採用され続けている。

 セラミコート製の交換ノズルは、熱伝導性の良いアルミ合金で出来ており、熱放散が良く、ノズルを比較的低温に保つ事が出来る。また皮膜が持つ電気絶縁性により、溶接の戻りイオンを絶縁し、温度上昇を阻止してスパッタの溶着を防ぐ効果を発揮する。そのため、ノズルの中から、極微量のスパッタ付着防止剤を含むエアで自動的にノズルクリーニングを行う事が可能。
 スパッタが付着しないため、薄物部品の断続溶接で長期の使用にも耐えうる。また、連続溶接や250A以上の高電流域での溶接にはセラミック製がお薦めだ。

 この他、中厚板溶接向けに、500A溶接に対応したカーボン製ノズルもラインアップしており、スパッタが付着しにくいノズルとして建機や鉄骨関連業界向けに適用・普及が着実に進んでいる。

【写真説明】上はユニットノズル、下はねじ込み形のセラミコートノズルにインシュレータ(絶縁筒)を装着。
修正
|| trackback (0)