テクノ環境機器ブログ
2012 / 06   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , trackback
訪問者
total : 503878
昨日 : 165 / 本日 : 003

Profile
http://techno-k.com

メニュー

RSS & Atom Feed
テクノ環境機器ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新着情報
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
新製品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
広告
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/06/12 :: 新開発【ミスト・カート】 
!!$img1!! 立ち止まって、一瞬浴びる雨霧
  電源や水道がない場所でも雨霧状の微細なミスト噴霧ができる装置に、芳香、虫よけ、抗菌などの効果があると言われているアロマ水溶液を含ませることができる『ミスト・カート』を開発しました。
 酷暑の夏、人が集まる屋外や街角でミストが噴霧されるのは、今では日本のごくありふれた風景ですが、その一方で、できるだけ電気を使わない省エネ運動が展開されています。そこで、ミストとともに強い風を人に吹き付ける冷風機や、涼しげにミストを舞いあげる冷風扇ではなく、自ら「立ち止まって、一瞬浴びるミスト・シャワー」であれば、電気は不要という点に着目し、エコ商品として開発しました。(特許出願中)

水道、電源がない場所で
 『ミスト・カート』は、水道の水と圧力を蓄えるアキュムレーター機構によって、水道から離れた、また電源のない場所に移動してミストを発生させることができます。円筒状の本体の内部に貯水タンクを組み込み、本体の上面には移動時に握る取手や、ノズルが取り付けられた伸縮するポール、排水バルブのハンドル、内容量と内圧を示す計器等が取り付けられており、下部には移動用の2個のキャスターと2本の脚が付いています。
 給水タンクの内部に窒素ガスを充填したゴム袋を設けているので、タンクに水道蛇口から水を補給すると圧力が生じ、窒素ガスの膨張力で噴霧する仕組みです。
 「ミスト・カート・アロマ」の大きさは、幅:320mm、奥行:320mm、ハンドルまでの高さ:930mm、ノズルの高さ:900-2000mm、本体重量は18kg (満水時:28kg)、タンクの貯水量は10リットルです。

雨霧の発生機
 『ミスト・カート』から噴霧する微細なミスト・シャワーは、雨霧のように、顔や身体を僅かに濡らして、暑さを沈め、自然の風が爽やかに冷やします。
 『ミスト・カート』は2個のノズルを標準装着しており、標準ノズルだけを開くと約4時間、微細ノズルだけを開くと約7時間、両方のノズルを同時に開くと約2.5時間噴霧します。

アロマとミストと自然の風 春〜秋
 アロマ水溶液は、アロマ油にエタノールを加えて水で薄めたものですが、防虫効果が高く、レモン様の芳香を放つ「シトロネラ」などの水溶液を給水時に加えることによって、ミストとアロマと自然の風との心地よいコラボを楽しむことができます。
 アロマテラピーは、本来、アロマ油を加熱蒸発させて室内などで楽しむものですが、アロマ油の水溶液を微細なミスト・シャワーに含ませて、冷却、芳香、虫よけ効果等を期待して屋外で用いることは、「従来のアロマの常識を打ち破る画期的な方式」と、水溶液の製法などの指導を行った広島アロマセラピースクール(広島市中区)の西川公矩校長は語っています。

 真夏の『ミスト・カート』は主にミスト冷却に用います。春・秋には微細ノズルだけを開いて、野外や店先で芳香アロマをお楽しみください。
 また、裏庭の洋ラン、シダ、菌類等へのミスト散水に使用する場合は、『ミスト・カート』を「満水」にして蛇口を閉じておけば、数時間ミスト噴霧した後、勝手に終了します。電気制御のように雨の日にも自動散水するようなことはなく、一年を通して、必要な時だけのミスト噴霧に用いることができます。

!!$img2!!
学校、屋外イベント、スポーツ等の熱中症対策に
 雨霧のように音もなく微細なミスト・シャワーを発生させる『ミスト・カート』は、自らの力で風を発生させることはできませんが、建物の壁や塀のそば、公園やグラウンド周辺の木立の脇の通路など、人と風の通り道にそっと立って、涼しさと心地よさを提供するための用具です。
 また、野球やサッカーなどの激しいスポーツシーンではミストシャワーの下で暫く顔を濡らすための装置です。レバーで噴霧量を最大にすることができます。

!!$img3!! お店の出入口で、屋外イベント会場やゴルフ場の通路で、遊園地、観光地、動物園の通路で、避難所や工事現場の出入口で、熱中症対策のために運動場の傍に、屋外作業、警備員などのスポット冷房に、また、多数のミスト・カートを並べて、集合場所や工事現場のゾーン冷却、更に、ホースを繋いだままで、真夏の昼間、店先などに設置していただきたい用具です。

all photo

最近の記事

最新のトラックバック

2012/06/20
清涼ミスト電気使わず [日本経済新聞]
窒素ガスで水噴霧

 ポンプなど高圧機器開発のテクノ環境機器(広島市、山崎曙社長)は電気使わずに微細な水を噴霧する小型のミストシャワー装置を開発した。装置内の水の圧力を利用する仕組みで、7月に発売する。公園や屋外イベント会場などで暑さを緩和する目的での利用を見込む。高圧機器の開発ノウハウを応用し、製造業以外に顧客を広げるのが狙いだ。

 貯水タンクに水を注ぐと圧力が生じ、内部に充填してある窒素ガスが膨張し、水を噴霧できる。あらかじめ水道から貯水タンクに水をためこんでおけば、水道や電気がない場所に移動しても利用できる。
 本体は縦横32aで、高さは93a。貯水量は10g。2種類のノズルを用いて噴霧量を調節し、2・5〜7時間連続で利用可能。芳香や防虫の効果が期待できるアロマ水溶液を混ぜて噴霧する機能を設けた。初年度500台の販売を目指す。
 昨年10月に試作品を開発し、市場調査を展開。屋外や工場内での熱中症対策の製品として需要が見込めると判断した。「各種のアロマ水溶液を含ませることで、冷感や芳香、防虫などの効果が期待できる」(山崎社長)という。
 電気を使わない節電向け商品としてイベント会社や機材レンタル会社などに売り込む。OEM(相手先ブランドによる生産)による提供も視野に入れる。
 電気を使わず微細な霧を出す仕組みを応用した新商品の開発も進める。屋上の太陽光発電パネルを冷却して発電効率の低下を防ぐ機器を大手企業と検討中だ。
修正
|| trackback (0)
 
2012/06/12
新開発【ミスト・カート】  立ち止まって、一瞬浴びる雨霧
  電源や水道がない場所でも雨霧状の微細なミスト噴霧ができる装置に、芳香、虫よけ、抗菌などの効果があると言われているアロマ水溶液を含ませることができる『ミスト・カート』を開発しました。
 酷暑の夏、人が集まる屋外や街角でミストが噴霧されるのは、今では日本のごくありふれた風景ですが、その一方で、できるだけ電気を使わない省エネ運動が展開されています。そこで、ミストとともに強い風を人に吹き付ける冷風機や、涼しげにミストを舞いあげる冷風扇ではなく、自ら「立ち止まって、一瞬浴びるミスト・シャワー」であれば、電気は不要という点に着目し、エコ商品として開発しました。(特許出願中)

水道、電源がない場所で
 『ミスト・カート』は、水道の水と圧力を蓄えるアキュムレーター機構によって、水道から離れた、また電源のない場所に移動してミストを発生させることができます。円筒状の本体の内部に貯水タンクを組み込み、本体の上面には移動時に握る取手や、ノズルが取り付けられた伸縮するポール、排水バルブのハンドル、内容量と内圧を示す計器等が取り付けられており、下部には移動用の2個のキャスターと2本の脚が付いています。
 給水タンクの内部に窒素ガスを充填したゴム袋を設けているので、タンクに水道蛇口から水を補給すると圧力が生じ、窒素ガスの膨張力で噴霧する仕組みです。
 「ミスト・カート・アロマ」の大きさは、幅:320mm、奥行:320mm、ハンドルまでの高さ:930mm、ノズルの高さ:900-2000mm、本体重量は18kg (満水時:28kg)、タンクの貯水量は10リットルです。

雨霧の発生機
 『ミスト・カート』から噴霧する微細なミスト・シャワーは、雨霧のように、顔や身体を僅かに濡らして、暑さを沈め、自然の風が爽やかに冷やします。
 『ミスト・カート』は2個のノズルを標準装着しており、標準ノズルだけを開くと約4時間、微細ノズルだけを開くと約7時間、両方のノズルを同時に開くと約2.5時間噴霧します。

アロマとミストと自然の風 春〜秋
 アロマ水溶液は、アロマ油にエタノールを加えて水で薄めたものですが、防虫効果が高く、レモン様の芳香を放つ「シトロネラ」などの水溶液を給水時に加えることによって、ミストとアロマと自然の風との心地よいコラボを楽しむことができます。
 アロマテラピーは、本来、アロマ油を加熱蒸発させて室内などで楽しむものですが、アロマ油の水溶液を微細なミスト・シャワーに含ませて、冷却、芳香、虫よけ効果等を期待して屋外で用いることは、「従来のアロマの常識を打ち破る画期的な方式」と、水溶液の製法などの指導を行った広島アロマセラピースクール(広島市中区)の西川公矩校長は語っています。

 真夏の『ミスト・カート』は主にミスト冷却に用います。春・秋には微細ノズルだけを開いて、野外や店先で芳香アロマをお楽しみください。
 また、裏庭の洋ラン、シダ、菌類等へのミスト散水に使用する場合は、『ミスト・カート』を「満水」にして蛇口を閉じておけば、数時間ミスト噴霧した後、勝手に終了します。電気制御のように雨の日にも自動散水するようなことはなく、一年を通して、必要な時だけのミスト噴霧に用いることができます。

新開発【ミスト・カート】 
学校、屋外イベント、スポーツ等の熱中症対策に
 雨霧のように音もなく微細なミスト・シャワーを発生させる『ミスト・カート』は、自らの力で風を発生させることはできませんが、建物の壁や塀のそば、公園やグラウンド周辺の木立の脇の通路など、人と風の通り道にそっと立って、涼しさと心地よさを提供するための用具です。
 また、野球やサッカーなどの激しいスポーツシーンではミストシャワーの下で暫く顔を濡らすための装置です。レバーで噴霧量を最大にすることができます。

新開発【ミスト・カート】  お店の出入口で、屋外イベント会場やゴルフ場の通路で、遊園地、観光地、動物園の通路で、避難所や工事現場の出入口で、熱中症対策のために運動場の傍に、屋外作業、警備員などのスポット冷房に、また、多数のミスト・カートを並べて、集合場所や工事現場のゾーン冷却、更に、ホースを繋いだままで、真夏の昼間、店先などに設置していただきたい用具です。
修正
|| trackback (0)